ナビゲーター:本間智美(Artist collective OBI)


かつて角兵衛獅子の一党すべてが、年に1度帰郷し、守護した角兵衛地蔵尊にその芸を競演奉納して尊霊を慰め、道中の安全祈願をして、また全国に旅立ったそう。その例祭が起源とされている月潟まつりは、月潟地区の住民にとって大事なお祭り。

 

 

元料亭で片づけ作業していたら、たまたま散歩途中の姉妹に出会う。聞いてみれば、足腰が弱くなったおばあちゃんの代わりに、どぶ掃除をしに帰って来たのだと。幼いころから地域で大事に育てられた子供たちは、月潟を愛して、進学や就職・結婚など、やむなくここを去っていくが、みな口を揃えて、いつか帰ってきたいと言う。その柔らかな愛情は、旅人のように現れた私たちをも包み込んでくれている。

私たちもそのどぶ掃除に参加させてもらった。年間を通しての降雨や、地下水をくみ上げた消雪パイプから流れる水などで、土が流されカチカチに固まった溝の蓋を、特殊な機械を使って、ひょいっとあげていく。なんとも和気あいあいと進めていく。早起きした眠気はすぐに吹っ飛んだ。最後にあんパンをいただいて解散。

 

 

祭りの数週間前から神社の草取りや、角兵衛獅子の舞台が住民たちの手によって組み上げられていき、数日前からは、だんだん町中が、祭りに向かう高揚感に包まれていく。神社に吊り下げられる灯篭。各班の集会場所になるテント。笑顔で進められていく準備風景を見ていると、こちらも幸せになる。きっと子供たちもその背中を見て、幸せな記憶を刻むのだろう。

 

 

月潟まつりは前夜と当日合わせて、2日間に渡って行われる。現在は「伝統芸能フェスティバル」が同時開催され、角兵衛獅子の舞や月潟太鼓の奉納をはじめ、月潟商店街が歩行者天国となり、子ども山車行列、民謡流し、月潟小マーチングパレードなどが繰り広げられる。

 

前夜祭。

 

子供たちの山車行列、そして民謡流しで、いつもひとの姿をほとんど見かけないこの商店街が、なんだか昔にタイムスリップしたかのように、一瞬にして華やかな夢の世界へ。ところどころにある各班のテントで大人たちが宴を催し、このお祭りに合わせて帰郷してきた若者たちと庭先でバーベキューしている姿も。まるで大きな廊下を挟んで、各クラスで文化祭を楽しんでいるかのよう。

 

 

傑作は、商工会青年部有志による仮装行列。聞くところによると、かつては恒例の行列だったとか。念願の復活をさせた樋浦さんは、数年前からひとりで仮装して奮闘。考えてみると白根にも「白根子行列」という100年ぶりに復活させた仮装行列があるように、かつてのお祭りでは、これがデフォルトだったのかもしれない。

 

 

住民たちの高揚感は時計の針がてっぺんを過ぎても、まだ続いたようだ。翌朝、近所のお母さんに話しかけたら、そう笑って話していた。でも本当に月潟のお母さん方は、とにかく元気でユニークで明るい。月潟の明るさを作っているのは、お母さん方だと言って過言ではない。

 

当日。

 

歩行者天国で売られている様々な物品。久しぶりに立ち並ぶ出店に、子供たちも走り回っている。筆者おすすめは、姉妹市町村だった北海道月形町からとりよせるジンギスカン!旨さがぎゅっと詰まった甘すぎも辛すぎもしないソースに浸ったお肉。いつも人気で、買い求める人の長蛇の列。あっという間に売り切れてしまうそう。ほかにも、商工会青年部による毎年趣向凝らした品。そして地域ならではのお団子や、料亭でつくる様々なおつまみが、ビールを進ませるのは言うまでもなく!

 

イベントは、小学校マーチングバンド、中学校吹奏楽、月潟太鼓、周辺地域の神楽舞と続き、最後にお待ちかねの角兵衛獅子。

 

 

毎年の定例披露は、年に2回のみ。この月潟まつりと、9月に行う「大道芸フェスティバル」。貴重な機会に、遠くからファンやカメラマンたちが集う。

 

神社で奉納されるのを見ることができるのは、この月潟まつりのみ。かつて旅一座として活躍していた時代を彷彿させる。数年前から口上し、生演奏・生口上が聞ける。観衆の熱気と相まって力が入り、神社に響き渡る太鼓と声が、熱演を誘う。園児の頃から通い、ようやく舞台に立つのは10歳の頃。中学卒業までのわずかの間に披露する、彼らの雄姿をぜひ見に来てほしい。

 

 


イベント名 :    月潟まつり 伝統芸能フェスティバル

          6月26日(土)27日(日)に予定されている月潟まつりについては新型コロナウイルス感染拡大防止の為、
          規模を縮小し、新潟市イベント開催制限に基づき開催する。 
          「角兵衛獅子の舞」以外の行事は中止とする。
                    

開催日 :        2021年6月27日(日)
       
時 間 :           15時~

会 場 :           月潟農村環境改善センター
           ※入場は月潟地域内在住者70名

駐車場 :           有り

アクセス :        上越新幹線「燕三条駅」から車約30分 / JR「新潟駅」から新潟交通バス萬代橋ライン(BRT)「青山」乗換~「月潟」行きのバス「終点」徒歩約15分 / 北陸自動車道「巻潟東IC」から車約20分

主 催 :           月潟まつり実施協議会

担当課 :           新潟市南区役所月潟出張所内 月潟まつり実施協議会

電話番号 :        025-372-6905

FAX番号 :       025-375-5117