第3回の案内人は、ボランティアガイド等を行う「しろね大凧タウンガイド」に所属する本間初美さん。5~6年前からまちに関わるようになり、凧合戦やまち歩きのガイドとして活躍中です。今回は、白根のまちなかの見どころのナビゲートをお願いしました。たっぷりお話しいただいたので、<凧編>と<街歩き編>の二回に分けてお送りします!

 

 

白根と言ったら、なんと言っても「凧」です!私たちタウンガイドは、毎年6月に開催される白根大凧合戦のルールや見所を紹介しようと立ち上がった団体で、凧合戦の当日以外は、街のガイドもしていています。3人娘がいますが、彼女たちも私と同じくらい説明できます(笑)。

 

 

白根に嫁いできて約25年になりますが、凧のインフラは、やはり世界に一つだけだと思います。絶対白根にしかないと思う、年間5日間しか活躍しない凧合戦のためだけの施設・設備があちこちにあります(笑)。

 

①マンホール

 

 

白根の凧合戦は、川の両岸から凧を揚げて空中で絡めて川に落として引っ張ります。この時の綱引きで勝敗を決めるんです。だから自分のところの綱を持っていかれないよう、マンホールを作って当日はそこに鉄柱を立てて綱を巻きつけるんです。だから、普通マンホールに書かれている「水道」「電気」のような表示は書かれていません。マンホール好きの方にはたまらないと思います(笑)。

 

 

②手すり

大切なひっぱる綱は1本100~200万円もする高価なもの。それをたぐる時にコンクリートの壁で擦ったら傷むということで、凧を降ろすときに縄を沿わせる手すりがあります。ぱっと見は手すりなんですが、だんだん手が届かない高さに勾配していくんです(笑)。錆びるとちゃんとメンテナンスもされます、そのままだと当日凧が傷むから。ちなみに会場になる川の土手のガードレールは全て着脱式。もちろんタコの邪魔にならないようにするためです。昔は橋の位置が計画変更されたこともあります。

 

 

③制作・収納場所

大凧のサイズは本当に大きいので、作ったらそのまま出せるように、階段も出入り口も幅も広い制作場所が必要です。白根の児童センターは、まさに凧づくりを念頭に設計された施設で、制作のために年間3~4ヶ月は一般の利用はできません。昔は普通の家の土間に凧の綱を引っ張っていったと言うから、昔から“凧ファースト”なんですよ(笑)。

 

④凧見橋

 

二つの凧の絵のうち片方は逆さまになっている、まさに凧の綱が絡む瞬間の絵なんです。白根の人間にとって「よしっ、上手に絡んだぞ」と一番テンションが上がる場面を描いています。先程の話のように、白根では凧が高く上がることではなくて、絡んで落とすことが重要なんです。落ちてからが本番。タウンガイドでは当日そう言ったポイントもご説明しています。

 

 

中ノ口川を挟んで東と西に分かれての凧合戦は、両方の息の合わせ具合や凧の作り方、技術の高さなど見所はたくさんあります。凧の絵も毎年ちょっと変化があったり、何回来ても楽しめます。

冠婚葬祭に飾ったり、子供が生まれたら名前入りの凧を揚げたり、熱く語ってくれる人がいたり…白根って、面白い街ですよ。

 

 


【しろね大凧タウンガイド】

『しろね大凧タウンガイド』の皆さんは白根商店街を中心に活動しています。白根大凧合戦の期間はもちろんのこと、普段も切妻造りの町屋など白根大火から2年余りで復興した街並みを中心に案内をしています。そのほか、見どころスポットに案内看板を設置する活動も行っています。白根のまちの成り立ちを理解し、さらに魅力ある街並みづくりを目指しています。

●選べる6コース

所要時間:90分から120分 一人500円(中学生以下無料)

コース1 白根大凧合戦の魅力と見どころを堪能
コース2 白根大凧合戦と歴史的町屋群を巡る
コース3 歴史ある町屋が並ぶ街並みを巡る
コース4 白根の路地と階段の魅力をそぞろ歩き
コース5 水との戦いと交通の要のブラ歩き
コース6 凧合戦期間中でなくても凧合戦を味わうまち歩き
※コース1・2は凧合戦開催期間中のみ

 

ガイド申し込み先 しろね大凧タウンガイド
電話:070-4296-3345(午前9時から午後6時) メール shironetown@yahoo.co.jp

 


 

取材協力:本間初美(しろね大凧タウンガイド)

ライター:丸山智子

撮影:内藤雅子(Sunday Photo Studio)